売れるヒント

店頭マーケティングの視点で売れるヒントを探る。マーケティングや営業など、売る仕事の方へ

【企画力】ブラックサンダーの挑戦を見た!

みなさん、こんばんは!

今日も「売れるヒント」ブログにお越しいただき、有難うございます。

 

このブログは、身の回りに転がっている「売れるヒント」を、現在マーケティング支援の仕事に携わっている元営業マンが、日々記録しているものです。

 

今日は、GW前なので、連休に入ったら行こうと思っている美術関連の本を読んでいます。

 

世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史

木村 泰司   (著)

https://amzn.to/2I3tJ6E

 

東京都美術館で開催されている「プーチキン美術館展」に行こうと思っているのですが、パンフレットにあった「モネ」と「マネ」がまたごっちゃになっていたので、この本で復習しました(笑)

 

「マネ」が「モネ」に対して「自分の名前を真似して!」と憤慨したというエピソードを通して、「真似したのはマネではなくモネ!」と覚えることにしました!

これなら、マネが先で、モネは後、と覚えやすいです。どれだけ私の記憶力は無いのでしょうか…(笑)

 

それでは、今日の「売れるヒント」です。

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■今日の帰りに、セブンイレブンに寄りました。(結構最近寄っています)

f:id:ryo596:20180426224912j:plain

おなじみ「ブラックサンダー」のアイス版です!

 

ついつい買ってしまいました(笑)

 

家でじっくり眺めてみると、いろいろな想像ができて、楽しいですね。

 

■まず、表面の上の方に「若い女性に大ヒット中!」と書いてあります。

 

小さいチョコが、若い女性にヒットしているのでしょうね。サイズが小さいので、小腹がすいた女性が、ダイエットへの罪悪感が小さく、食べられるのかもしれませんね。

 

「実は若い女性に売れているんですよ!」と、商談の際に購買データを見せている営業の人の姿を勝手に思い浮かべてみました。

 

■そして表面の下の方に「CHOKO BAR JAPAN!」とあります。

 

一瞬意味不明だったのですが、もしかして訪日外国人向けに「これが日本のチョコバーだ」と主張しているのかもしれません。または、輸出用でしょうか。

 

たしかに、海外で人気があると聞いたことがあるような気がします。それが本当ならば、伸びゆく訪日外国人向けに売れそうなので、お店としては、是非とも置きたい商品ですね。

 

■最後に、製造者を見ると「セリア・ロイル」とありました。有楽製菓が製造しているのではないようです!

 

どちらかが、あるいは第三者が企画してできた製品なのでしょう。そうすれば、この企画力はすごいですね。

 

「チョコのブラックサンダーを、アイスにすれば、若い女性と訪日外国人へ売れますよ!」ということですね。

 

数多くのメーカーが狙っている「セブンイレブンの棚」に入っている理由がわかったような気がします。

 

その企画力、見習いたいと思います!

 

【今日の教訓】

ターゲットを明確にし、別分野への進出を躊躇せず、「売れそうだ」という確信をお店に持ってもらえるような企画は強い!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

それでは、明日もマーケティングを楽しみましょう!