売れるヒント

店頭マーケティングの視点でビジネスの売れるヒントを探る。マーケティングや営業など、売る仕事の方へ

【コンセプト】いちごのチョコレート新商品が多かった

今日も「売れるヒント」ブログをご覧いただき、ありがとうございます!

 

このブログは、身の回りの販促事例などの「売れるヒント」を、現在マーケティング支援に携わる者が、日々記録しているものです。

 

もし気づきが得られましたら、ビジネスのヒントに、商談のネタに、部下の教育に、いろいろ役立てください! 

 

それでは、「売れるヒント」第262号です。

----------------------------------------------------------------------------------

■昨日、ファミリーマートに寄った時の写真です。

f:id:ryo596:20181121075243j:plain

チョコレート菓子のコーナーです。

 

■秋から冬に移り変わるタイミングだからか、いろいろな新商品がありました。

 

その中で目立ったのが「いちご」関係の商品です。

写真に載っている「ダース ラスベリーショコラ」のラズベリーをいちごの仲間として、他にも「苺のダース」がありました。

また、定番棚には、「ストロベリーリキュール」や「トッポいちご派」も新商品として並んでいました。

また、チロルチョコからこんな商品も出ていました。

 

■コンビニに長年通って、チョコレートを買っていますが、ここまで「いちご」商品がたくさん並ぶのは珍しいと感じます。

 

調べると、いちごの旬は春4~5月だそうで、季節は全然違うようです。

 

ただ、イメージは、12月のクリスマスでのいちごのケーキの印象が強いようですね。

そういう理由で、いわゆる季節を感じる商品として、冬に多いのかもしれません。

 

■考えてみると、少し前の秋では「マロン味」など栗関係がいくつか並んでいました。

その前の夏では、ミントが並んでいました。

 

季節を感じさせて、購買意欲を高めることに、各社注力しているのですね。

日本ならではの、季節での細やかなマーケティングをしていきたい、と感じた「いちごチョコ新商品」での気づきでありました。

 

【今日の教訓】

自社の商品やサービスで、季節によって訴求方法を変えているものはあるでしょうか。季節やイベントで切り口を変えると、新たな売れるヒントが見つかるかもしれません。

---------------------------------------------------------------------------------

それでは、今日もビジネスを楽しみましょう!